確定申告

チャットレディも確定申告は必要

確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得にかかる所得税等の税金額を計算し、期限までに税務署に確定申告書や必要書類を提出し、申告・納税する手続きです。
一定額以上の所得を得ているのに、源泉徴収を受けていない人は、確定申告をしなければなりません。
また個人事業主、源泉徴収税を払っていない給与所得者も、一定の条件に達すれば確定申告を行わなければなりません。
なお源泉徴収とは、従業員が支払うべき税金を会社が給与から天引きし、会社が納税する仕組みです。
チャットレディも、一定条件を満たせば、確定申告を行わなければなりません。
以下、その条件や手続きをしなかった場合の、ペナルティ等について解説します。

目次
  1. 確定申告の実際
  2. 確定申告を行わなかった時のペナルティ
  3. 納税額を抑える工夫
  4. チャットレディの副業が会社に知られたくない場合
  5. 安心して働けるチャットレディを目指すなら事務所に所属を

確定申告の実際

確定申告の、意味や目的は分かりましたね。
次は、確定申告の基本的な流れです。

確定申告の流れ

1.必要な書類を用意:以下の書類を用意します。
・生命保険料控除証明書
・地震保険料控除証明書
・源泉徴収票(給与所得がある人)など

2.確定申告書の用意
国税庁のホームページで、確定申告書「A」もしくは「B」をダウンロードします。
チャットレディを本業にしている場合、副業で20万円以上の収入を得ている場合は、事業所得に該当しますので、申告書「B」を選択します。

3.確定申告書の記入作成
国税庁のホームページ「確定申告書等作成コーナー」で、確定申告書を作成します。
なお確定申告には「マイナンバー」の記載が必要です。

4.確定申告書を提出
確定申告書を管轄税務署に提出し、所得税などの税金を納付します。

こう書くと簡単なようですが、難しいのは「3」ですね。また「1」でも、取っておいたはずの証明書を紛失してしまうこともあります。
なかには、再発行ができないものもありますから、事前に注意しておきましょう。

確定申告が必要になる条件

確定申告を行う対象は、チャットレディをお仕事として働いている全員ではありません。
次の条件を満たす人です。

  • 所得がチャットレディだけの方:年間所得が38万円を超える場合
  • 所得をチャットレディ以外に1か所から得ている方:年間所得が20万円を超える場合
  • 所得をチャットレディ以外に2か所から得ている方:年末調整を受けていない給与とチャットレディの所得の合計額が20万円を超える場合

またこれら条件に合致しなくても、株や不動産取引などで所得を得ている場合は、確定申告をしなければならない場合があります。

なおここでは、「収入」「所得」「基礎控除」という言葉の意味をしっかりと把握しておきましょう。
「収入」とは、社会保険料や税金を引かれる前の、いわゆる給与全額です。
「所得」とは、「収入」から「基礎控除」を引いて残った額です。
「基礎控除」とは、確定申告をする場合に、申告の種別や所得の種類に関わらず、すべての納税者に対して適用される控除を指します。
所得控除額は、白色申告でも、38万円と決められています。
基礎控除額は38万円ですから、年間所得が38万円を超えなければ、確定申告は不要ということになります。

また「副業20万円」というのは、サラリーマンやパートなどの給与所得者のみの特例で、副業が20万円を超えなければ、納税不要というルールです。

このように、確定申告をすべきかどうかは、年間収入でなく年間所得で決まってきます。
したがって、チャットレディ収入(所得でない)が、38万円もしくは20万円を超えていても、経費の額によって所得が基準に満たない場合は、確定申告は必要ありません。

確定申告を行わなかった時のペナルティ

納税は日本国民の義務ですから、確定申告の義務があるにもかかわらず、行わなかった場合は、ペナルティ(罰則)が課されます。
ちょっと難しくなりますが、大切なことですから解説します。

無申告加算税

まず、挙げられるのが、「無申告加算税」です。
確定申告書をすべきなのに、期限までに提出しなかった場合、本来納付すべき税額に一定の割合をかけた額が加算されます。
50万円以下は15%、50万円を超える分は20%です。

延滞税

これはまた、確定申告に伴って払うべき税金を滞納することですから、納税期限の翌日から納付日までの、期間の延滞税が発生します。
平成30年分では、延滞税の税率は、納税期限の翌日から2ヶ月経過するまでは、2.9%。
2ヶ月を経過したあとは、8.9%です。
これは意外に高いですから、計算して、あとで慌てることがないよう、注意が必要です。

重加算税

確定申告をしなかったことが、悪質であると認定されると、脱税とみなされます。
悪意のある申告漏れに課される重加算税は、本来の税額に35~40%が加算されます。
さらに、最大で10年以下の懲役。
または、1,000万円以下の罰金が、科される可能性があります。

納税額を抑える工夫

同じ確定申告をする場合でも、ある工夫をすると、納税額を抑えることができます。
国も、その制度を用意していますので、これを利用しない手はありませんね。
それは「青色申告」と「経費計上」です。
チャットレディも、通常の個人事業主と同じように、これら2つの制度を利用することができます。
次に解説しますので、納税額を少しでも少なくしたいと考えている人は、是非参考にしてください。

青色申告で最高65万円の特別控除が受けられる

いわゆる青色申告とは、確定申告を「所得税の青色申告承認申請書」で提出することです。
確定申告は、大きく「白色申告」と「青色申告」に分かれます。
両者を比べると、白色申告の方が手軽です。
理由は、簡易帳簿を選べることと、確定申告の提出書類が少ないことです。

しかし、青色申告を選べば、最大65万円の特別控除が受けられます。
65万円の特別控除を受けるためには、帳簿が複式簿記になっていなければなりません。
複式簿記以外の記帳をしてあると、青色申告でも、控除額は10万円となってしまいます。
と同時に、「確定申告書B」と損益計算書・賃借対照表・収支内訳書・控除証明書類の提出が必要です。

また、青色申告を申請できるのは、所得が雑所得ではなく、事業所得に該当する人です。
あなたが、チャットレディを本業として行い、独立・継続・反復して行っており、それが証明されれば、事業所得と認められるでしょう。

青色申告の提出先:納税地を所管する税務署
申請期限:青色申告する年の3月15日まで
1月16日以降に新規で開業した人は、開業後2ヶ月以内に、申請書を提出しましょう。
ただし、天変地異や災害で、提出期限が変更。
または、延長される場合がありますから、詳しくは所轄の税務署に訪ねるか、ホームページ等で確認してください。

経費計上で所得額を減らして税額を軽減できる

チャットレディとして働く方の所得は、通常では事業所得です。
事業所得の計算方法は、次の式で求めます。

《事業所得=1年間の総収入金額-必要経費-青色申告特別控除額》

そして所得税は、この事業所得に税率をかけて求めます。
所得は、事業所得や不動産所得など、全部で10種類に分かれており、それぞれ税率が異なっています。

この計算式で気付くように、総収入金額が増えれば、税額も増えます。
ですが、必要経費が増えれば、税額は減ります。
つまり、必要経費を多くすれば、税額を抑えることが可能になるわけです。
では、必要経費とは、具体的にどのようなものでしょうか。

チャットレディの必要経費の例

必要経費とは?
簡単に言えば、事業を行うためにかかった経費のことです。
これが多くなれば、課税対象となる事業所得を少なくすることができます。
チャットレディについて言えば、パソコン本体・WEBカメラ・ヘッドフォン+マイク・証明・洋服代・化粧品代、そして通信費等などが、必要経費になるでしょう。
要は、チャットレディというお仕事をするためにかかる、必要不可欠な費用です。
なお、必要経費として計上するためには、領収書あるいは、レシートが必要です。
これら物品を買ったり、口座引き落としで支払ったりした場合は、必ず保管しておきましょう。

ここで注意すべきことは、チャットレディの仕事を行うためにかかった全ての費用が、経費として認定されるわけではないことです。
たとえば洋服です。
チャットレディ用に買ったとしても、「買った服以外の服では、仕事ができないか?」と問われると、判断は非常に難しいです。
実際の判断は税務署が行いますので、詳細は管轄の税務署に尋ね、回答を確認してみてください。

チャットレディの副業が会社に知られたくない場合

現実問題として、チャットレディのお仕事を本業とするには、かなりのテクニック・知識・センスが必要です。
実際は、副業として行っている方が、多いのではないでしょうか。

しかし、副業の場合は、次の点に注意しなければなりません。
確定申告がされたあと、各市町村は申告者の勤務する会社に対し、住民税の特別徴収のための通知をします。
つまり、
《あなたの会社に勤務する会社員○○さんの昨年収入は□□円でしたから、今年は△△円の住民税を徴収します》
という通知がなされます。

ですが、これこそ、会社に副業がバレてしまう、きっかけとなります。
職種までバレることはありませんが、納税額から、副業所得額が逆算できます。
そうなると、総務担当から呼び出され、
「この収入は何?副業?当社では禁止だけど……?」
と、問い詰められてしまう可能性もあります。
これは、避けたいですよね。

チャットレディの副業がバレないための方法

副業を知られたくない方は、「確定申告書B・第二表」の「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」で「自分で納付」にチェックを入れることをお勧めします。
こうすれば、住民税を本人宛に通知する《普通徴収》が行われますので、会社に副業がバレる可能性は低くなります。
ただし、すべての市町村がそうとは限りませんので、絶対にバレたくない場合は、税理士等専門家のサポートを受けるのがベストです。

安心して働けるチャットレディを目指すなら事務所に所属を

以上、確定申告について解説しましたが、実際のところ、「自分でできるかどうか、ちょっと不安」という方が、多いのではないでしょうか。

誰しも、経験したことのない分野には、不安があるものです。
まして、それが税金なら、なおさらです。
しかし、あなたがチャットレディ事務所に所属して、その事務所が顧問税理士をかかえており、経理担当者が、あなたの確定申告を全面的にサポートしてくれたらどうでしょうか?
チャットレディが自営業だとしても、こうしたサポートがあれば、業務に専念できますよね。
何より、税金の知識がない人でも、安心して働けるというものです。

納税についてよく分からない、あるいは不安があるという方は、税務関係の専門家のサポートや相談が受けられる事務所を選ぶといいでしょう。

ただし、「青色申告制度」や「経費計上」などの名前やしくみは、理解しておきましょう。
何もかも人任せでなく、理解した上で委託すれば、間違いも防止できます。
あなたがチャットレディとして、今後も豊かに働けるためにも、サポート体制が万全な事務所を選ぶことは、とても大切なことです。

おすすめの記事