自己紹介

小倉で働く現役チャットレディ、れなの自己紹介です!

はじめまして!サイトに来ていただきありがとうございます。
現役チャットレディのれなです。
私がチャットレディのお仕事に出会ったのは、小倉から上京して間もない大学1年生の頃でした。

地元を離れて初めての一人暮らし。
家賃も物価も高くて、高校時代のアルバイトで貯めたお金はすぐに底をつきました。
けれど大学はレポートや講義が忙しく、バイトできる時間には限りがあって。
お金も時間も無い毎日に、疲れ切っていました。
「せっかく大学に入ったんだから、友達と遊んだり好きな勉強をしたりする余裕が欲しい…。」
そんな私の想いを叶えてくれたのがチャットレディです。

大学の友達との会話の中で「チャットレディ」というお仕事を知り、気になって調べてみました。
最初は、「怪しいお仕事じゃないのかな…」「私でも本当に稼げるの?」と不安でいっぱいでした。
しかし、これだけ高い報酬を得られるアルバイトは他にはありません。
とにかく現状を変えたくて、藁をも掴む思いで応募することに。

緊張しながら迎えた面接ですが、スタッフさんが優しくお仕事の内容や流れを教えてくれて安心できました。
面接で不安は解消されたので、そのまま体験入店をしていくことに。
チャットレディには、プロダクションが用意してくれるチャットルームに通勤する方法と、パソコンとWebカメラを繋いで自宅でお仕事をする方法があります。
壁の薄い部屋で一人暮らしをしていたので、隣の住民に迷惑にならないよう通勤することにしました。
チャットルームの方がスタッフさんに手取り足取り色々教えてもらえるので、初心者の私にはぴったりでした。
お客さんはとても優しくて、楽しくお喋りしていたらあっという間に時間が過ぎていきました。
「可愛い声だね」「れなちゃんのおかげで癒やされたよ」と声をかけてくれるお客さんもいて、「こんな私でも喜んでもらえるんだな」ととても嬉しくなりました。
体験入店で一気に3万円を手にして、舞い上がってケーキを買って帰ったのを覚えています(笑)

こうして私は、正式にチャットレディとしてお仕事をスタートしました。
大学の授業に支障が出ないように、チャットをするのは週2日。
待機の間にはレポートをしたり勉強したりと、時間をフル活用できるのも私にとって好都合でした。
スタッフさんがアドバイスをくれるので、チャットに入る度にどんどん上達していきました。
おかげで週2日だけでも、生活に困らないどころかちょっと贅沢できるくらいには稼げるように。
お金の不安から解消されたことで、以前とは比べ物にならないくらい大学生活を謳歌できるようになりました。

高校が女子校だった私は、当初は男性にかなり不慣れでした。
触られたり、お酒を飲まされたりするキャバクラのお仕事だったらすぐに心が折れていたと思います。
でもチャットレディは、パソコンの画面上でお喋りするお仕事なので直接触れられることは一切ありません。
男性に不慣れな私も、安心してお仕事できました。
最初はうまくお喋りできるのか不安でしたが、変に慣れているよりもウブな感じが意外にも受けが良いみたいで。
たくさんのお客さんに可愛がっていただきました。
お客さんから声や容姿を褒められるのは、お世辞だとしてもとても嬉しかったです。
コンプレックスだらけで生きてきた私が、初めて女性として自分に自信を持てるようになりました。
チャットレディのお客さんにはたくさんの男性がいるので、どんな女性でもファンになってくれる人が見つかるんです。

常連のお客さんも居ますが、初対面の方とお話することが多いチャットレディ。
「初めまして!」から楽しくお喋りできるように話題を考えるので、コミュケーション能力が身につきました。
今は接客業をしているので、チャットレディで培ったコミュニケーション能力がかなり活かされています。

大学を卒業後、私は地元の小倉に戻り就職しました。
学生時代と同じようにはいきませんが、就職してからも今でもたまにログインしてチャットレディのお仕事をしています。
パソコンとWebカメラさえあればどこでもできるお仕事なので、どこに住んでいても続けられるのもチャットレディの魅力です。
「今月ピンチ!」「欲しいものがある」なんてときに、ちょっとログインするだけでお金が手に入るので本当に助かっています。

もしもあのときチャットレディに出会っていなかったら、今の私はないと思います。
自分のペースで高収入を稼げるチャットレディがあったおかげで、貧乏大学生だった私も思いっきり学生生活を楽しめました。
諦めていた友達との旅行や大好きなバンドのライブに行けたのも、チャットレディがあったから。
チャットレディのお仕事を通して得たのは、お金だけではありません。
女性としての自信やコミュニケーション能力、本当に様々なことを学びました。
勇気を出してチャットレディを始めてくれた過去の私に、感謝してます。

過去の私のように、
「お金がなくて毎日辛い」
「チャットレディに興味があるけど不安」
そんな思いを抱えた女性に、チャットレディのことを少しでも知ってもらえたら良いなと思って記事を書かせていただきます。
ぜひ参考にして頂けたら幸いです!

コメントを残す