チャットレディをコロナ禍に始める女性が増えてるって本当?

コロナ渦でも大人気
新型コロナウイルスの流行により、働き方に対する考えが大きく変わりました。特に、在宅ワークは広く認知され、自宅でできる仕事が人気を集めています

女性の在宅ワークとして人気があったチャットレディは、このコロナ禍でさらに働く人が増えた仕事の一つです。特に、チャットレディは他の在宅ワークよりも、この状況に適した仕事だといわれています。

この記事では、「なぜコロナ禍に女性たちはチャットレディを始めるのか?」「コロナ禍にチャットレディをする際の注意点」について、解説していきたいと思います。コロナ禍でこの仕事を始めようと思っている女性は、是非参考にしてみて下さい。

目次
  1. チャットレディはどうしてコロナ禍でも多くの人に選ばれる仕事なのか?
  2. チャットレディをコロナ禍に始める際の注意点
  3. チャットレディをコロナ禍に始めるのならこの代理店

チャットレディはどうしてコロナ禍でも多くの人に選ばれる仕事なのか?

コロナ禍にチャットレディーを始める女性たちは、何を魅力に感じて、この仕事を始めるのでしょうか。この部分では、コロナ禍でも多くの人がチャットレディを選ぶ理由をいくつか挙げていきたいと思います。

在宅ワークとして働ける

このコロナ禍の中でチャットレディが選ばれる理由として最も大きいのが、「在宅ワークとして働ける」というものです。他の在宅ワークと違って、チャットレディは全て自宅で完結できる仕事になっています。家から一歩も出ないで仕事を始められるので、感染リスクを大きく抑えることができるのです。

コロナに罹りたくないという女性は、在宅チャットレディとして働くことをおすすめします。

ライブチャットサイトの利用者が増えている

コロナ禍では、自宅でできる趣味や遊びのニーズが増しています。これにより、自宅で女性とお話ができるライブチャットサイトの利用者が右肩上がりに増え、チャットレディの需要も増しているのです。

利用する男性が増えすぎて、チャットレディの数が不足しているサイトもあり、このようなところで働くことで簡単に高収入を得られます。利用者が伸びている時期だからこそ、新規登録したチャットレディでも初月からいきなり高収入を手にできる可能性も高くなっているのです。

会って接客する必要がない

キャバクラやガールズバーのような、会って接客する職業はコロナ禍で大打撃を受けています。残念ながら閉店するお店も多く、ギリギリ働けていても給料はコロナ前に比べると下がっている人がほとんどです。

また、会って接客をすると感染リスクが高まってしまうので、これを嫌がりキャバクラやガールズバーを辞める女性も多いです。

チャットレディはネットを通じてお客さんの接客を行う仕事です。会う必要が一切ないので、極めて低い感染リスクで仕事をすることができます。また、会わないからこそ危険な目に遭う恐れもなく、安全に働けるというのも人気を集めている理由の一つです。

ほぼ誰でも採用される

先程紹介した通り、ライブチャットサイトの利用者が多いからこそ、チャットレディの需要も増している状態です。どの代理店もチャットレディ求人情報を積極的に出しており、女性を集めようと奮闘しています。

そのため、18歳以上で高校生ではない女性ならば、ほぼ採用されます。「会話ができない」「あまりにもやる気がない」というような女性は落とされてしまいますが、採用担当者と普通に話せて仕事に対するやる気があれば、誰でも採用されるのが現状です。

専業で働こうとしている女性はもちろん、副業で始めようとしている女性や学生、主婦でも問題なく採用されます。

簡単な仕事内容

チャットレディの仕事内容は非常に単純なものです。ライブチャットサイトを使ってお客さんと楽しく会話をするだけのものなので、特別なスキルなどは一切必要ありません

採用されやすいだけではなく、仕事の難易度も低いというのも人気の理由の一つになります。

高収入を稼げる

チャットレディという仕事の大きな魅力である収入面。他の仕事では稼げないくらいのお金を簡単に稼ぐことができます月に30万円は比較的楽に稼げ、人気チャットレディになると月収100万円超えも珍しくありません。

また、本業としてガッツリ働く女性だけではなく、働く時間が限られてしまう副業チャットレディでもまとまったお金を稼ぐことができます

コロナにより職を失ってしまった人はもちろん、このパンデミックにより「別の稼ぎ口も用意しておきたい」という考えを持った人にも、チャットレディはおすすめです。

チャットレディをコロナ禍に始める際の注意点

コロナ禍でも人気の職業であるチャットレディ。しかし、この機会に始めるのならいくつか注意しなければならない点があります。

ここでは、コロナ禍にチャットレディを始める際の注意点を紹介していくので、是非参考にしてみて下さい。

在宅で働くのがおすすめ

この仕事には、チャットレディ向けに用意されているチャットルームに通勤して働く方法と、自宅で働く方法があります。しかし、コロナ禍にこの仕事をするのなら、在宅チャットレディとして働くのがおすすめです。

家から出ないで働けるというのは、感染対策としては申し分ないものです。チャットルームには機材などが揃えられていて完全個室のところもあり、快適に働くことができますが、コロナ対策をするのなら、やはり自宅で働ける在宅チャットレディがいいでしょう。

通勤するのなら人が少ない時間帯を選ぼう

「家に同居人がいるので在宅では働けない」という人は、チャットルームに通勤して働くしかありません。もし、チャットルームに通勤して働くのなら、通勤時間にはこだわるようにして下さい。

人が多い時間帯に電車などに乗ってしまうと、それだけ感染リスクは高くなります。出勤で混み合う時間帯を避け、比較的ゆったり乗れる時間帯に出勤するのがいいでしょう。

チャットレディの仕事は、出勤時間を自由に選べる仕事です。自分が好きな時間帯に働けるので、あえて電車が空いている時間帯を狙って出勤するということも問題なくできます。「自分が出勤に使う路線は、どの時間帯に乗客が少なくなるのか?」というのを事前に確認するのがおすすめです。

確定申告はチャットレディにとっての負担の一つ

チャットレディは個人事業主として働きます。そのため、稼いだ報酬は自分で確定申告をして、それに応じた税金を納めなければなりません。この確定申告に悩むチャットレディは、大変多いです。

特に、これまで会社員として働いていた女性は、源泉徴収をされていたと思うので確定申告をしたことがない人ばかりです。確定申告には複雑な作業もあり、この部分に苦労するチャットレディはたくさんいます。

もし、自分で確定申告ができない場合は、税理士に相談するのがいいでしょう。わからないまま行ってしまうと、ミスをして、追加で税金を多く払うことになるので注意が必要です。

身バレや流出対策は絶対に行う

チャットレディの最大のリスクである、身バレやチャット映像の流出。これらが原因でこの仕事を辞める女性は多いです。

身バレやチャット映像が流出してしまうと、仕事を辞めるだけではなく、私生活に大きな影響が及んでしまいます。

これらのリスクについては、対策次第で防ぐことができます。何も考えないで仕事をしていると、すぐに身バレをしたりチャット映像が流出してしまうので、きちんと対策をして働くようにして下さい。

チャットレディをコロナ禍に始めるのならこの代理店

コロナ禍でも人気の仕事であるチャットレディ。しかし、この記事で紹介した通り、確定申告や身バレ・チャット映像の流出などいくつか注意しなければならないこともあります。

もし、この仕事をすることに対して少しでも不安な気持ちがあるのなら、チャットレディの代理店に登録することをおすすめします。特に、チャットレディAlice小倉は、登録している女性たちが快適に働けるようにさまざまなサポートを用意している代理店です。

「どうすれば身バレや映像の流出を防げるのか?」「お客さんとのトラブルに巻き込まれないための方法」などのアドバイスも受けられます。また、仮にトラブルが起こったときは、スタッフが間に入って対応してくれるので、自分は何もする必要はありません。

報酬単価も高く、高収入を稼げているチャットレディもたくさんいます。「安全に働きながら高収入を稼ぎたい」という女性は、是非チャットレディAlice小倉に登録して働くことをおすすめします。電話やメール以外にもLINEでの問い合わせにも対応しています。

おすすめの記事