盗撮被害

チャットレディの盗撮には対策方法がある!

簡単な仕事内容で高収入が得られる仕事として、チャットレディは人気が高いですが、その分、リスクとして盗撮が挙げられます。

チャットレディの仕事内容は、インターネット上で、ライブチャットの視聴者である男性会員と、お話しをするだけです。
インターネットで完結するので、どこでもお仕事ができる手軽さはありますが、逆に、相手の状況が分からない不安要素もあります。
相手の状況が分からないため、チャット画面を盗撮されても、すぐに気づくことは困難です。
悪質な場合には、動画や画像が流出してしまう危険性もないとは言い切れません。

しかし、チャットレディの盗撮に対する対策方法は、いくつかあります。
安心してチャットの仕事ができるよう、今記事で紹介する盗撮の対策方法をぜひ取り入れてみてください。

目次
  1. チャットレディにおける盗撮とは
    1. チャット中の画面をキャプチャ・スクショされる
    2. 盗撮のリスクは撮られることだけではない
  2. チャットレディの盗撮|キャプチャやスクショされる方法について
    1. 視聴機器に備わっているスクショ機能を使う
    2. チャットを映している画面を別の機器で撮影する
    3. アプリや外部のキャプチャ機器を使う
  3. チャットレディの盗撮理由に合わせた防止方法
    1. 個人で何度も見直すため
    2. お金を稼ぐため
    3. 勝手に広告として利用されるケースも……
  4. チャットレディ代理店で盗撮のリスクを抑えよう

チャットレディにおける盗撮とは

チャットレディの仕事において、盗撮と言われる行為はどういったことを指すのか解説します。

チャット中の画面をキャプチャ・スクショされる

盗撮と言われる行為には、キャプチャとスクショが挙げられます。

どちらも意味は似ているように見えますが、スクショはパソコンやスマホの画面のある瞬間を捉えたものなので、静止画像を指すことが多いです。

対するキャプチャは、動画・画像の両方を保存することを指すので、スクショと区別をつけるために、動画を保存することをキャプチャと呼びます。

盗撮のリスクは撮られることだけではない

チャットレディにとっては、盗撮すること自体、あまり喜ばしくない行為だと思います。
ですが、多くのライブチャットのサイトの利用規定では、個人利用の範囲なら撮影行為は問題ないとされていることが少なくありません。

個人利用とは言っても、盗撮のリスクは撮られるだけではなく、盗撮された後に画像や動画が流出する危険性があることも知っておく必要があります。
SNSやアダルトサイトなどに流出してしまうと、ライブチャットを知らない人にまで、自分の顔や情報が晒されてしまうのです。

副業チャットレディを会社に秘密でしている人や、家族や彼氏にチャットをしていることがバレたくないのであれば、盗撮もしっかり対策しておくようにしましょう。

チャットレディの盗撮|キャプチャやスクショされる方法について

チャットレディの映像を盗撮する方法は、主に3つです。
実際はどのようにキャプチャ・スクショされるのか、紹介します。

視聴機器に備わっているスクショ機能を使う

パソコンやスマホには、あらかじめスクショ機能が搭載されています。
特定のキー操作をするだけで、手軽にスクショが撮れるので、一度は使ったことがあるという人も多いでしょう。
この方法を使って、チャット中に画面をスクショするのです。

ですが、最近は、パソコン・スマホのスクショ機能を制限しているライブチャットのサイトが増えています。
そのため、スクショ機能を使った盗撮は、すでに対策がなされていると言えるでしょう。

チャットを映している画面を別の機器で撮影する

もし、チャットをパソコンで映しているとするならば、その画面をスマホのカメラ機能で撮影する方法もあります。
「画面を撮影する」という方法なので、難しい機材の操作や手間はなく、手軽に行えます。

機械的な接続がないので、スクショ機能の制限は受けませんし、盗撮していることがほとんど分かりません。

アプリや外部のキャプチャ機器を使う

アプリや外部のキャプチャ機器を使った方法でも、盗撮は可能です。
機材やパソコンの知識が豊富な男性会員が行うケースが多く、この方法でキャプチャやスクショされる恐れは、低くありません。

外部機器やアプリは、サイト側で制限を設けているキャプチャができるようになってしまうため、かなり悪質なユーザーであると言えます。

チャットレディの盗撮理由に合わせた防止方法

チャットレディが盗撮を防ぐには、盗撮をしようとする側の心理を知ることが大切です。
どんな時に盗撮したくなるかが分かれば、事前にその状況を作らないよう、対策することができるでしょう。

それでは、ライブチャットで盗撮をする側の心理と、盗撮にされてしまう状況にならないようにするヒントを紹介します。

個人で何度も見直すため

チャットレディを盗撮をする一番の目的として挙げられるのは、「何度もチャットを見て楽しむため」です。
チャットをした記録として勝手に盗撮し、保存したデータは、のちに振り返るために使います。

このような場合、盗撮した画像や動画を故意に拡散させることはほとんどなく、自分だけのものとして楽しもうとしているケースが大半です。
自分のためだけの動画として記録しているので、流出につながる危険性は高くありません。

繰り返し見返して楽しみたい人に対する盗撮の対策方法は、常連さんとして取り込むようにすると良いでしょう。
そのためには、常連さんになろうと思うぐらい、毎回目新しい要素を用意したり、リアルタイムだからこその楽しい時間を過ごせるアピールを行うことが大切です。

例えば、毎回ありきたりな話をするのではなく、お客さんのその日の出来事から会話を膨らませるようにすると、リアルタイムなやり取りができます。
相手の話を聞き、内容に合わせた褒めの言葉やねぎらいの言葉などを掛けるようにすると、今日のためだけのチャットになるので効果的です。

「過去のチャットではなく、実際にチャットで会っている時間の方が満足できる」と思わせられれば、盗撮のリスクも下がるでしょう。
チャットに来てくれると言うことは、報酬が増えるメリットもありますよ。

お金を稼ぐため

盗撮したデータを動画投稿サイトなどに投稿して、お金を稼ごうとする人も中にはいます。
悪質度合いは非常に高く、利益を上げるために多くの場所で宣伝し売り出すことから、身バレにつながる危険性がかなり高いです。

海外サイトに投稿された場合、電話やメールでの削除依頼の回答をもらうのに時間がかかってしまったり、流出元が特定しにくくなる恐れがあります。

そういった、お金儲けを目的とする人への対策方法は、盗撮されそうな前兆を知っておくことが効果的です。
よくある盗撮の前兆には、以下のようなものがあります。

  • 相手と会話がつながらない(質問に答えない)
  • 急に無言になる
  • ポーズやカメラアングルの要求を過剰にしてくる
  • 機械を扱っているような音が聞こえる

盗撮をしようとする人は、会話や行動に何かしらの違和感が表れやすいので、男性会員の言動には常に注意を払うことが重要です。
もし、何か怪しいと思ったら、すぐにチャットを切り替えたり、事務所のスタッフやサイトに報告するようにし、被害を未然に防ぎましょう。

勝手に広告として利用されるケースも……

まれではありますが、スクショされた画像が勝手に加工されて、風俗店などの案内や広告に無断で使われていたというケースもあるようです。

とにかく多くの一般人女性の画像が欲しい人からすると、全国から人が集まるライブチャットは、画像を手軽に集める格好の的にされてしまうでしょう。
これも、お金儲けのための盗撮のひとつと言えます。

広告に使われてしまうと、全く意図しないサイトやブログを閲覧している人の目にも、入ってしまう可能性がないとは言い切れません。
まるで風俗店のキャストのような使われ方をしてしまえば、日常生活に影響が出てしまいます。

肖像権の侵害や、名誉を傷つけられる結果となるので、弁護士への相談も必要になってくるでしょう。

チャットレディ代理店で盗撮のリスクを抑えよう

チャットレディとして働く際の無視できないリスクである盗撮は、少数ながら、実際に被害に遭った、または遭いそうになったという人がいるのも事実です。

大切なのは、リスクがあることは把握した上で、自分で自分の身を守れるように行動することがポイントになってきます。
どの仕事においても何らかのリスクはありますが、盗撮は対策できる部分もあるので、できる対策方法はできる限り講じるようにしておきましょう。

盗撮のリスクをもっと下げたいと思うのであれば、チャットレディ代理店に所属する方法がおすすめです。
チャットレディの仕事についてよく知っている代理店は、盗撮に対する対策方法をたくさん知っていますし、もしもの時の対処も迅速に行ってくれます。

特に、女性を守る体制が整っているチャットレディAlice(アリス)小倉なら、安心です。
もし盗撮されて他サイトに掲載されていたら、すぐに法的手段を使って削除依頼をしてくれます。
また、盗撮しそうなお客さんの見分け方や、効果の高い身バレ対策など、リスクを抑える手段を豊富に教えてくれるのです。

さらに、個人情報の取り扱いもしっかりしている法人経営の代理店なので、かなり安心してチャットレディの仕事ができるようになるでしょう。

おすすめの記事