チャットレディは賃貸契約で不利?注意点と審査落ち回避のコツ

チャットレディで賃貸契約は難しい?

チャットレディの仕事は収入がいいので、今よりも広くて設備や立地が良いアパートやマンションに引っ越そうと思う人もいるでしょう。
在宅でチャットレディをしている方であれば、部屋数の多い物件を借りれば仕事部屋も確保できます。
ただし専業チャットレディの場合、賃貸契約は可能なのでしょうか?
世間的にチャットレディのお仕事は知名度と信頼性にやや欠けているので、賃貸契約に不安を抱える女性は多く見られます。
そこで今回は、チャットレディが賃貸契約する際の注意点や審査落ちを回避するコツをご紹介します。

目次
  1. チャットレディの仕事が賃貸契約で不利な理由
    1. チャットレディは人物像を怪しまれやすい
    2. チャットレディは収入の変動が激しい
  2. 賃貸契約の審査落ちを回避するコツ
    1. ナイトワーク専門に物件仲介をする不動産会社を利用
    2. 身なりや態度に気を付ける
    3. 職業欄はフリーランスや個人事業主にする
    4. 収入証明書を用意する
    5. チャットレディ代理店にアリバイを作ってもらう
    6. 家賃保証会社に加入する
  3. 小倉のチャットレディ代理店ならAlice

チャットレディの仕事が賃貸契約で不利な理由

賃貸契約では必ず入居審査が行われ、通過しないと部屋を貸してもらえません。
入居審査で主に確認される部分は以下の3点です。

  • 人物像
  • 連帯保証人
  • 支払い能力

連帯保証人は家族や身内にお願いすれば用意できるので、チャットレディでもクリアできるでしょう。
しかし、人物像と支払い能力に関してはやや不利になってしまう可能性があります。

チャットレディは人物像を怪しまれやすい

賃貸オーナーも管理会社もトラブルが多い人は入居させたくないので、人物像も重要なチェックポイントとなります。
チャットレディをしているからと人物像が悪いわけではありません。
しかし、チャットレディは一般的に知られた仕事ではない上に、特殊なので怪しまれやすく傾向があります。
そのイメージに引っ張られて女性本人も人物像を疑われやすく、賃貸契約の審査通過に不利が生じやすいのです。

チャットレディは収入の変動が激しい

賃貸を契約したら毎月家賃を支払わなければならないので、支払い能力は特に重要視される部分です。
チャットレディは仕事をすれば収入が得られ、頑張れば頑張るほど高収入に期待できます。
逆に仕事を一切しない時は収入が少なくなってしまうので、毎月の収入変化が激しいと言えるでしょう。
その性質から、賃貸契約の審査では収入の安定性に不安を持たせてしまいます。
さらにチャットレディは知名度も高くない仕事であることも、支払い能力に不安を与えている要素です。
賃貸契約では契約する人と連帯保証人の収入証明が必要なので、支払い能力に不安を与えないためにもしっかり用意しましょう。

賃貸契約の審査落ちを回避するコツ

賃貸契約の審査落ちを回避するコツ

専業チャットレディの賃貸契約は一般的な職業と比べて不利が生じやすいものの、絶対審査に通らないわけではありません。
工夫次第で欠点はカバーできるので、審査も難なく通過する確率が高まります。
それでは、審査落ちを回避するコツをご紹介しましょう。

ナイトワーク専門に物件仲介をする不動産会社を利用

賃貸物件の仲介を行う不動産会社の中には、ナイトワークをする人向けに紹介を行っているところもあります。
そのような不動産会社はチャットレディの仕事にも理解を示しやすいので、最適な物件を紹介してもらえます。
ただし、一般的な不動産会社よりも紹介できる物件数が少ない傾向があるので、物件選びにこだわりたい場合は向きません。
また、リスクヘッジのために敷金や礼金、初期費用、仲介費用などは通常よりも高めとなっている場合があります。
初期費用が少し増えたとしても、確実に賃貸契約をしたい時の活用がおすすめです。

身なりや態度に気を付ける

不動産会社に来店する際は、派手な身なりは避けて清潔感を心がけましょう。
かしこまる必要はないものの、服装やアクセサリーはシンプルなものが無難です。
また、社会的な常識を守り、態度や言葉遣いにも気を付けてください。
担当者は外見や会話から人物像をある程度見極めているので、派手な身なりや失礼な態度・口調は信用を下げるおそれがあるので注意しましょう。

職業欄はフリーランスや個人事業主にする

賃貸契約の提出書類では、職業名の記載が必要です。
副業であれば本業を記載できるものの、専業の場合はチャットレディと書かないようにしましょう。
実際にチャットレディと書いた人の中には、夜中の騒音に不安を持って落とされてしまったケースもあります。
不利にならないように、フリーランスや個人事業主と記載した方が審査に通過しやすくなります。
ただし、どんな仕事をしているのか聞かれることがあります。
仕事内容は「在宅や事務所でWeb系の仕事をしている」というように伝えるのが無難です。
さらに深く追求された場合はウソをつくと虚偽の申告となり契約違反となる可能性があるので、その場合は素直に回答した方が良いです。

収入証明書を用意する

賃貸契約では契約する人と連帯保証人の収入証明書を求められる場合があります。
職業をフリーランスや個人事業主とした場合、支払い能力を確認するために提示が必要です。
収入証明書となるものは、所得証明書・課税証明書・源泉徴収票のどれか1点あれば十分です。
一般的には源泉徴収票が提示されますが、個人事業主のチャットレディには源泉徴収票がないので確定申告書で代用できる場合があるので、不動産会社に確認を取ってみてください。
確定申告書では社名を記入する項目もあり、審査の時に会社サイトを検索される場合があります。
その時にチャットレディをやっていることがバレてしまうケースもあるので、確定申告書を提示する際は要注意です。
それは困るという場合は、課税証明書でも良いか不動産に尋ねてみてください。
課税証明書は課税額と所得金額も記載されているので、収入があることの証明にはなります。
ただし、審査において確実に有効な収入証明書というわけではなく、認められない場合もあるので事前の確認が大事です。

チャットレディ代理店にアリバイを作ってもらう

チャットレディ代理店では、一般的な会社で働いているという風にアリバイを作ってくれるところがほとんどです。
収入に関する書類も発行してもらえるので、収入の安定性や支払い能力への信頼感が高まります。
チャットレディとして活躍する人は自分と同じように賃貸契約に関する悩みを抱え込みがちで、代理店はそのような問題への対応に慣れています。
ノウハウが豊富なスタッフによるアドバイスが受けられる点が代理店を利用する大きなメリットでしょう。

家賃保証会社に加入する

最近は家賃保証会社を付けている物件が増えています。
家賃保証会社とは、契約者が賃貸を滞納した際に賃料を建て替えてくれる会社です。
万が一の保証がついているので、加入を推奨する賃貸オーナーや管理会社は多く、入居審査でも有利になる傾向があります。
ただし、基本的に入居側が保証会社を選べるわけではなく、さらに保証会社の利用にも審査の通過が必要となるので注意してください。
過去に家賃の支払いやローン返済に滞納があったり、犯罪歴があったりすると落とされますが、支払いに不安がなく滞納や犯罪歴もなければ基本的に通ります。
また、保証会社の利用では毎年家賃の30~100%程の保証料の支払いが必要であることも頭に入れておきましょう。

小倉のチャットレディ代理店ならAlice

チャットレディで新たに賃貸契約を考えているのであれば、代理店の利用がおすすめです。
代理店はチャットレディが抱え込みやすい問題を熟知しているので、アリバイ対策が可能です。
また、弁護士回答に引けを取らない法律ケアにも対応できるところもあります。
注意したいのは、全てのチャットレディ代理店でアリバイ対策が行われていないところです。
単純に仕事をできるための環境を整えているだけで、在職証明書の発行に対応していないところや、アドバイスできるノウハウを持ち合わせていないケースも多くあります。
一方、代理店Aliceは小倉をはじめ全国に拠点があり、これまでにたくさんのチャットレディのサポートに努めてきました。
賃貸契約をスムーズに終わらせたいという悩みだけではなく、配偶者や恋人にバレずに稼ぎたいという人にもアリバイ対策を提案できます。

働き方も在宅とチャットルームへの出勤のどちらかを選べます。
女の子らしい空間を実現した完全個室のチャットルームなのでのびのびと活動でき、アメニティや寝具も完備しているので泊りがけでの利用もできるので便利です。
チャットレディは確定申告や賃貸契約など色々な部分で悩みを抱え込みがちなので、小倉でサポートを受けながら活動したい方は代理店Aliceへの所属をご検討ください。

おすすめの記事