チャットレディのウィッグ事情!使うメリット・デメリット

チャットレディならウィッグは使うべき?

チャットレディをするなら、ウィッグは必須と考えていませんか?

ウィッグは身バレ対策としてはもちろん、他にも便利な部分があるので必須アイテムとしている人は多いです。
その一方で、ウィッグにはデメリットもいくつかあります。

今回はチャットレディの仕事でウィッグを使うメリットとデメリット、さらに入手方法と選ぶポイントもご紹介していきます。

目次
  1. チャットレディがウィッグを使うメリット
  2. ウィッグの使用にはデメリットもある!
  3. チャットレディがウィッグを手に入れる方法
  4. ウィッグを選ぶ時のポイント
  5. チャットレディ代理店Aliceが収入アップをサポート

チャットレディがウィッグを使うメリット

チャットレディの多くはウィッグを使っています。
ウィッグは色々な目的で使えるので、まずは着用のメリットを見ていきましょう。

簡単にヘアメイクできる

男性会員の集客率を高めるために、チャットレディは身だしなみに気を使う必要があります。
ただ、メイクやヘアメイクの準備にはある程度の時間をかけなければなりません。
特にヘアメイクは慣れていないと綺麗に整えるまで時間がかかってしまうこともあり、不器用だから苦手と感じている人も少なくないはずです。

ウィッグは頭にかぶればヘアメイクが完了するので、準備の時短になります。
準備時間が短くなれば、より多くの時間をチャットに費やせるので収入アップにもつながります。
ヘアアレンジされたものを使えば不器用な女性もおしゃれな髪型にできるところもメリットです。

身バレ対策に効果的

身バレや顔バレ対策のためにウィッグを使う人も多いです。
ウィッグなら簡単に髪色から長さ、髪型まで変えられ、見た目を別人のように変えられます。
チャット中の身バレだけではなく、男性会員と街ですれ違ったとしても本人だと気付かれるリスクが下がります。

コスプレやイメージを変えたい時に便利

チャットでコスプレをする時もあるでしょう。
コスチュームの雰囲気に髪型を合わせたい時もウィッグは簡単にヘアメイクができるので重宝します
服装だけではなく髪型も真似ることでクオリティの高いコスプレとなり、男性ウケも良くなります。
また、マンネリ化の防止や新しいお客さんを呼び込むためにイメージチェンジしたい時もウィッグはおすすめです。
髪の色やスタイルを変えるだけでイメージも違ったものとなるので、キャラや気持ちを切り替えてチャットができるでしょう。

ウィッグの使用にはデメリットもある!

便利でメリットも大きいウィッグですが、デメリットになる部分もいくつかあります。
では、具体的にどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

購入費がかかる

ウィッグを用意するためには購入費が必要です。
安いものだと1,000円あたりから購入でき、人毛に似せたものだと数十万円にも上ります。
価格によって髪質以外にも長さ、色合い、毛の抜けやすさ、耐熱性、耐久性などが異なります。
ウィッグを購入する際は、価格と質・性能のどちらを優先するか考える必要があるでしょう。
ただ、定期的に髪型を変えたい時やコスプレ用にいくつか持っておきたい時は、複数のウィッグを購入が求められ、出費がかさみやすいです。

ウィッグとバレるリスクがある

ウィッグはつけ方が悪いと見た目に違和感を与え、地毛でないことがすぐに分かってしまう可能性があります。
しっかり装着するためには、練習を繰り返して慣れていかなければなりません。
また、ウィッグはできるだけケチらない方が良いです。
安物は質感や形が良くないものが多く、ウィッグだとあっさりバレてしまう可能性が高まります。
ツヤがないパサパサしたウィッグだと清潔感がなくなり、イメージダウンにもつながりかねないので注意しましょう。

こまめにお手入れがいる

ウィッグを綺麗な状態に保ち、長持ちさせるためには定期的にブラッシングや洗髪などのケアが必要です。
洗った時はしっかり乾かさないと雑菌が繁殖し、ニオイの原因となるだけではなく、スタイリングにも影響を与えます。
材質や髪型によってもケア方法は変わってくるので、管理に煩わしさを感じることもあるでしょう。
お手入れ用にブラシや型崩れを防ぐためのスタンド・マネキンなどのグッズも用意しなければなりません。

チャットレディがウィッグを手に入れる方法

ウィッグのデメリットを知った上で必要だと思ったら、さっそく手に入れて使ってみましょう。
チャットレディがウィッグを手に入れる方法は3つあります。
各入手方法にもメリットとデメリットがあるのでご紹介していきます。

ウィッグ専門店で購入

ウィッグの品揃えが豊富で、試着しながら選べるので自分に合ったものを購入できます。
初めて買う場合はスタッフに相談しながら選べ、装着方法や手入れの方法も教えてもらえるので安心です。

ただ、ウィッグ専門店の多くは医療用を専門としており、またデザインも若者向けが少ない場合があります。事前にどんな人に向けてウィッグを販売しているか確認してから来店しましょう。

通販で入

通販も豊富なウィッグが販売されており、ビジュアル重視の商品も多くあります。
耐熱素材を使ったものやカットができるものもあり、カラーやサイズも様々です。

店員の説明ではなく、商品の人気ランキングや口コミ・レビューによる客観的な意見を参考に検討できる点も通販のメリットです。
ただし、商品ページと実物が異なったり、粗悪なウィッグが届いたりするトラブルも少なくありません。

専門店と違って試着や実物の確認が難しいので、評価が高く安心して利用できる店舗を見つけて購入してください。
また、通販で買う時はサイズ調節ができるものを選ぶと、サイズが合わなかったという失敗を回避できます。

レンタルを利用する

ウィッグをレンタルできる業者もあります。
レンタルなら質の高いウィッグも比較的に安い料金で使用できるので便利です。

また、お手入れは業者側の行ってくれるので、ケアや自己管理が不要なところもメリットと言えます。
ただし、一般的なウィッグレンタルは医療用であるケースが多いので、よく確認しておきましょう。
チャットレディ代理店の中にはウィッグの貸出を行っているところもあり、登録者は無料で使えるケースがほとんどなので、初期費用やケアの手間を省けて便利です。

レンタルなので使うウィッグが新品とは限りません。
しっかりケアされているとはいえ、使い回しのものを避けたい人は購入しましょう。

ウィッグを選ぶ時のポイント

ウィッグを選ぶ時のポイント
チャットレディのキャラづくりや身バレ・顔バレ対策を目的にウィッグを使う場合、どのように選べばいいのでしょうか?
たくさんのブランド・種類からウィッグを選ばなければなりません。

ここからは、チャットレディがウィッグを選ぶ時のポイントをご紹介します。

質の良いウィッグを探す

安物は髪質や性能が悪いので、少し高くても質の良いウィッグを探しましょう。

ドライヤーやヘアアイロン、スタイリング剤などが使えるものとなると、安くても3,000円はするので、それを基準にまずは無理のない範囲で買えるものを選んでみてください。

派手なカラーは避ける

身バレ・顔バレのために派手な色のウィッグを選ぶ人もいますが、逆に目立ってバレる可能性があります。
奇抜な色だと男性会員も引いてしまうので、黒やブラウン、ブロンドなど薄目の金髪が無難です。

できるだけ地毛と異なる色を選ぶと身バレ・顔バレ対策になります。
例えば、普段明るめの茶髪や金髪の人なら黒や濃いブラウンにし、逆に黒い髪の毛の人は明るめの色にすると、特定されにくくなるので安心です。

コスプレで使うことが前提であれば、派手な色でも問題ありません。
やたらテカテカにツヤがあるものはウィッグとバレやすいので注意しましょう。

元々の髪型とは異なる長さがおすすめ

地毛と同じ長さや髪型のウィッグを使うと、ウィッグを使っても身バレ・顔バレする恐れがあります。
髪色と同じく長さも変えた方が特定されるリスクが減るので安心してチャットレディの仕事ができます。

普段はロングヘアーの人はショートやボブ、逆にショートスタイルの人はロングに変えてみましょう。
長さ以外にもストレートにしたり、髪をゆるふわに巻いてみたり、毛先をハネさせるなどヘアアレンジを加えるとより別人に見せられます。

チャットレディ代理店Aliceが収入アップをサポート

チャットレディでもっと稼げるようになりたい方は、代理店Alice小倉への登録がおすすめです。
Aliceは10年以上運営している代理店で、たくさんのチャットレディをサポートしてきた経験から高収入を稼ぐノウハウを持っています。
初めての人も収入アップに悩む人もサポートします。

また、家族や知り合いにバレることなく働きたい方のために、ウィッグ以外の身バレ・顔バレ対策もアドバイス可能です。
他にもチャットレディの悩みや不安を解決するために様々な相談・サポートに対応しているので、安心して働ける環境が欲しい方は登録してみてください。

おすすめの記事