チャットレディで稼ぐなら身バレに要注意!

身バレにご用心

自宅でも気軽に高収入を得られるチャットレディの仕事では、身バレに注意が必要です。
直接男性に接待する仕事はなく匿名性も高いので、ストーカー被害など危険な目に遭うリスクは低いでしょう。
しかし、些細なことをきっかけに身バレや顔バレし、トラブルに巻き込まれる可能性は否定できません。
安全に稼いでいくためにも、チャットレディの仕事をしたい女性やすでに始めている人も身バレのリスクと対策について考えてみてください。

目次
  1. チャットレディで身バレする危険性は?
  2. チャットレディが身バレ・顔バレを防ぐ方法
  3. 安全にチャットレディで稼いでいきたいなら

チャットレディで身バレする危険性は?

チャットレディは、ライブチャットサイトを通じて男性会員と画面越しでお話しするお仕事です。
直接会わないので安心感がある一方で、相手がどのような状態であるか把握することは難しい点がデメリットです。
自分の知らないところでチャット中の姿をスクショされていたり、録画されていたりする可能性もあります。
スクショや録画するだけなら無害ですが、それらがネット上で流出すると身バレや顔バレする恐れがあります。
他にも些細な要素で身バレする可能性があるので、チャットレディは危険性を十分に理解して仕事をしていきましょう。

身バレするパターン

身バレには色々なパターンがあります。
具体的に何をきっかけにバレてしまうのか見ていきましょう。

・動画や画像の流出
男性会員の中には私用でライブチャット中の画面を録画したり、スクショしたりする人がいます。
中にはアダルトサイトやSNSで流すことを目的にしている人もおり、うっかり流れてしまった動画や画像を知り合いなどが発見し、発覚するケースもあるのです。
特に顔出しで配信している人は流出の対象になりやすいので注意が必要です。

・知り合いが入室してきた
自分が登録しているライブチャットサイトを旦那や友達、同僚などの知り合いが利用している場合もあります。
そのような人がうっかり入室すると、声や会話の内容など些細な部分からバレてしまう可能性があります。
顔出ししている場合は自分だとバレないように対策しないと、簡単に気付かれてしまうでしょう。
チャットに入ってこなくても、待機中から身バレする可能性もあります。

・私物や背景の映り込み
チャットレディは機材があれば家でも配信できます。
自室で配信を行う場合、気を付けたいのは私物や窓の外の景色が写り込んでしまうことです。
よく持ち歩くものや身につけているものが映ってしまうと、例えば、流出した動画や画像を見た知り合いに気付かれてしまう恐れがあります。
身近にいる人がチャットに来ている可能性は否定できないので、窓の背景などからも特定されるリスクがあるので要注意です。

身バレが危険な理由

家族や知り合いにチャットレディの仕事がバレれば、自分自身のイメージダウンにつながります。
最近はチャトレの文化も広まり印象は良くなっているとはいえ、いかがわしい仕事というイメージは根深いです。
知り合いや近所の人にバレれば、ひそひそされて肩身が狭い思いをするでしょう。
家族や旦那に見つかれば、理解が得られないと取り返しのつかないトラブルに発展する場合もあります。
また、チャットで常連さんと街中でばったり出会ってしまう可能性もあるでしょう。
ライブチャットでは疑似恋愛の感覚を味わえるため、男性会員の中には一方的に好意を抱き、その感情を抑制できず、接触してきたり、ストーカー化したりする恐れもあります。
このようなリスクがあるので、チャットレディは身バレ・顔バレ対策を徹底することが大事です。
同時にスクショ画像や動画の流出対策もしましょう。
自分の画像や動画が流出し、それが拡散されれば身バレの可能性が高まります。
拡散された画像・動画を見た人が保存し、自分のアカウントからさらに拡散するケースも多く、広く広まってしまうと完全削除が難しくなる点がネットの恐ろしいところです。

チャットレディが身バレ・顔バレを防ぐ方法

身バレ・顔バレ対策は大事だと分かっていても、具体的にどう対応していけばいいか分からない初心者は多いでしょう。
ここからはチャットレディが心掛けたい身バレ・顔バレ方法をご紹介します。

顔出しを控える

顔出しでの配信は身バレが起きやすいので、出さないことが一番の対策になります。
顔を出していた方が集客しやすく、稼ぎやすい傾向にあるのは事実です。
しかし、顔出ししていないからと人気になれないわけではありません。
人によっては女の子の雰囲気や話し方などに好感を持ち、癒されにやって来る男性会員は多いです。
色々と工夫は必要ですが、無理して顔出ししなくても稼げるところがチャットレディのメリットです。
顔出ししない時は、服装に注意しましょう。
プライベートでもよく着ている服だと知り合いや街中で男性会員に気付かれてしまうことがあるので、普段あまり着ない色や雰囲気の服装にすると安心です。

顔を出す時はキャラを変える

顔を出してガッツリ稼ぎたいのであれば、顔の出し方を工夫しましょう。
普段のメイクや髪型のままだとバレてしまうので、変装することで身バレ対策になります。
あまり使わない色のコスメやウィッグを使い、本来の自分とは異なるキャラを作っていきましょう。
話し方や声のトーンも変えると、より身バレのリスクが下がります。

個人情報を公開しない

チャットレディのプロフィールにある名前や所在地、職業、連絡先、SNSアカウントなどの個人情報は、基本的にダミーの情報を入力しましょう。
できれば年齢や誕生日もダミーを記載しておくと安心です。
プロフィール内容と会話中の発言に食い違いが生じないように、ダミーの内容を忘れないように注意してください。
常連の男性会員と親しくなると、プライベートな話になってしまうこともあります。
うっかり個人を特定できる内容を話すと、そこから身バレにつながる恐れがあるので油断しないように気を付けましょう。

連絡先を教えない

信頼できる男性会員であっても個人の連絡先を教えるのは避け、連絡はライブチャットサイト内のメールかチャットでのやり取りに限定しましょう。
LINEやSNSでやり取りすることになると、気が緩んでしまい身バレにつながる情報を与えて可能性があります。
しつこく聞かれた時は、「もうちょっと仲良くなってから」と相手に期待を与えつつもごまかしたり、「ルール違反になるからごめんなさい」とやんわりと断ったりすると良いです。

流出しにくいチャットを心がける

スクショ画像や動画を録画されている可能性があるので、普段から流出しにくいチャットを心がけることも大事です。
特定につながる私物や背景は徹底して映さないようにし、自分だと気付かれないようにしっかり変装して別人になりきりましょう。
男性会員の名前を頻繁に呼びかけるのもおすすめです。
相手の名前が入るので流出しにくくなり、もし入っていれば誰が流したのか特定できます。
流出目的ではない男性であれば、何度も名前を呼ばれることで特別感を味わえるため、高感度アップにもつながります。
他にも時計やカレンダーを映らせ、いつ何時頃に配信したものか分かれば、流出した犯人を特定しやすくなり、対処もしやすくなります。

友人や家族などにも徹底して隠す

チャットレディをしていることは、気を許せる相手でも話さないようにしましょう。
話した相手を通じて身バレしてしまう可能性があります。
また、一緒に暮らす親や夫など家族に見つかってしまわないように、パソコンやスマホの検索履歴はこまめに削除しておくと安心です。
バレてしまった時は認めず、似ている人であることを強調して否定してください。
最近はSNSの知り合いと通話を楽しむ人も多いので、一般のライブチャットなどに登録しておき、「SNSで知り合った趣味関係のお友達とお話している」という風にアリバイ対策をして誤魔化すのも良いでしょう。

安全にチャットレディで稼いでいきたいなら

チャットレディの仕事を安全に続けていくためにも、身バレ・顔バレ対策は徹底しましょう。
ただ、初心者の女の子は上手く身バレ対策ができるか不安に思う方も多いはずです。
そのような不安があれば、チャットレディ代理店Alice小倉に登録してみてください。
長年チャットレディをサポートしてきたAliceは、チャットレディが稼ぐ方法や安全に仕事をするための対処法など、様々なアドバイスが可能です。
代理店Aliceは小倉駅周辺に完全個室で宿泊利用も可能なチャットルームを用意しています。
清潔感あるルームには配信に必要な設備が整っているので、身バレのリスクを下げながらお仕事がしたい方におすすめです。

おすすめの記事