稼ぎ方一つで高収入

チャットレディは自由な働き方で高額な報酬が得られる!

チャットレディのお仕事は、高い報酬が得られる求人として広く知られています。
「自分もチャットでお金が稼げるようになるのかな?」と不安に感じる人もいるとは思いますが、経験者・未経験者問わず、誰でも簡単に稼ぐことが可能です。

しかし、稼げると一括りに言っても、高い収入を得られるようになるにはコツがあります。
高額報酬を得るには、稼げる時間帯について学んだり、最新の稼ぐ方法についての情報収集をすることが必要です。

稼ぎ方については、それぞれの生活環境や勤務形態によって異なってくるため、いくつかのモデルケースから、一般的にどの程度の報酬が期待できるかをまず紹介していきます。
今記事では、より稼げるようになるためのコツも解説するので、高い報酬が得たいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

コメント
チャットレディの収入の基礎となる、報酬形態やボーナス制度についての解説もあるので、初めてチャットレディの仕事に応募しようと考えている方は必見です。

 

 

目次
  1. 5つのモデルケースからチャットレディの報酬金額を解説
  2. チャットレディの収入は給料ではなく報酬
  3. チャットレディはボーナス報酬も魅力のお仕事
  4. チャットレディ代理店なら報酬アップのノウハウがいっぱい!

5つのモデルケースからチャットレディの報酬金額を解説

チャットレディの報酬形態

チャットレディを始めた際、どのくらいの報酬金額が期待できるかは、応募者それぞれの生活環境によって違います。
なぜなら、チャットレディは、インターネット上の接客業と呼ばれていることからも分かるように、お客様の出入りの多さが報酬に関わってくるためです。

そこで、5つのモデルケースと報酬金額を紹介するので、自分の状況と照らし合わせて、収入の計画を立ててみてください。
そのうえで、後に紹介する『より多くの報酬を稼ぐためのポイント』から、自分の取り入れられそうな収入アップの方法を見つけてみましょう。

ケース1:仕事終わりに副業として働く

平日の仕事終わりに、副業としてチャットレディをした場合の平均月収について紹介します。

週末のお休みを副業で潰したくない場合、平日夜に出勤する働き方を選択する女性は、少なくありません。
平日の終電に間に合う19時~23時までの4時間だけ働いたケースで考えると、週3日で平均月収は約22万円になります。

月に48時間ほどしか働いていないにもかかわらず、本業と同じぐらいの収入が可能です。
仕事終わりでも終電までに帰宅できることから、翌日の仕事への影響も少なく済むでしょう。

ケース2:週末にまとめて稼ぐ

チャットレディプロダクションの中には、泊まり込みでの勤務が可能な店舗もあります。
泊まり込みで働けるメリットを利用し、金曜日の夜から土曜日の夜まで月2回働いたと想定すると、平均18万円が一月で可能です。

1ヶ月のうちのたった4日間集中して働くだけで、一般的な高卒の初任給以上は稼げます。
短期集中型で稼ぎたい方や、地元から離れたところに働きに出ることを考慮して、出勤日数をとにかく抑えたい方には、オススメの働き方です。

ケース3:主婦の昼間のパートとして

通常のパートの月収を考えると、週5日の5時間ずつ働いて、月7万円〜9万円になる場合がほとんどだと思います。

主婦がパートとしてチャットレディの仕事をするならば、同じぐらいの月収を稼ぐには、週3日で十分です。
週3日間、平日昼間の10時~16時に働くと、平均月収は10万円になります。

扶養の範囲内で稼げるだけでなく、平日の2日間は自分の時間を得られるので、時間的・金銭的に余裕が持てるようになるでしょう。

ケース4:私生活を優先するために出勤は週1日だけ

週1の出勤もできるところは、チャットレディの仕事の大きな魅力だと思います。
実際に、週1日だけ出勤した場合の月収はいくらになるかというと、均で12万円稼ぐことが可能です。

週末の21時〜深夜3時を想定したケースなので、平日は本業に集中できますし、休みの日への影響もあまりありません。

ケース5:会社員のようにフルタイムで働く

会社の働き方で多く用いられるフルタイム。
チャットレディも同じように、一週間あたりの労働時間が40時間になるように勤務したとすると、平均月収は73万円です。

普通の会社員のように、週5日間に8時間働き、週休2日も取得できた上で、これだけの報酬が稼げます。
時間帯は20時~翌5時と基本は夜になりますが、人によっては月収100万円を超えることも少なくありません。

より多くの報酬を稼ぐためのポイント

モデルケースを比較しても分かるように、比較的夜の時間帯の方が、チャットレディは稼ぎやすいです。

では、昼間しかチャットができないから報酬は期待できないかというと、そうではありません。
自分の働き方に合わせて稼ぎ方を工夫することで、どんな環境で働く人でも、報酬アップは可能です。

より多くの報酬を稼ぐためのポイントとして、最も挙げられるものは2つあります。
「時間帯に応じてチャット方式を使い分けること」「サイト選びにこだわること」です。

「時間に応じてチャット方式を使い分けること」には、ライブチャットのサイトの機能が関わっています。
ライブチャットには単価の異なるチャットの方式があり、主に使われているのは、パーティチャットと2ショットチャットの2種類です。

夜の時間帯は、昼間は会社員として働いている男性会員が多くログインする時間なので、複数人と同時にチャットができるパーティーチャットを行うと、報酬が高くなります。
反対に、平日昼間は男性会員のログイン数が少ないので、一人あたりの単価を上げることを意識することが大切です。
そのため、パーティチャットよりも単価が2〜3倍高い、2ショットチャットを行うようにすれば、その分報酬も大きくアップするでしょう。

「サイト選びにこだわること」というのは、サイト自体の報酬設定がサイトによって異なることが関係しています。
特に、アダルトサイトかノンアダルトサイトかでは、報酬金額の差がかなり大きく、とにかく報酬が高い方を優先するなら、アダルトサイトへの登録がおすすめです。

出演するサイトは1つだけではなく、いくつも同時に登録したり、途中で変えることもできます。
なので、報酬金額を考えるなら、一度はアダルトサイトをチャレンジしてみるといいでしょう。
その後にサイトが合わないと感じたら、ノンアダルトサイトに切り替えれば良いので、とにかくいろんなサイトを見て、比較するところから初めてみても良いと思います。

チャットレディの収入は給料ではなく報酬

コメント
チャットレディの収入に関わってくる、報酬形態についても解説します。

会社員やアルバイトとは違い、業務委託としてお仕事をするチャットレディは、時給で給料が発生するのではありません。
仕事をしてお金を発生させることができた時のみ報酬が得られる、完全歩合制となっています。

ここで言う仕事内容とは、男性会員とチャットをすることなので、待機中や準備の時間などは報酬にはなりません。
そのため、報酬が全くない日も出てきてしまう可能性はありますが、逆に考えると、稼いだら稼いだ分だけ、上限なく収入が得られることになるのです。

報酬の支払い方法には、月払いだけでなく、現金日払いもあります。
ただし、待遇として現金日払い制度を採用している店舗のみの特典です。
また、基本は在宅勤務だと日払いや現金手渡しが不可なところも多いので、注意しましょう。

チャットレディはボーナス報酬も魅力のお仕事

チャットレディの仕事にも、報酬の他にボーナス制度があります。
例えば、ランキングボーナスであったり、クリスマスや大型連休のイベントボーナスなどです。
サイトや代理店によっては、1回の支給金額が数十万円にもなるボーナスが、毎月開催されているところもあります。

在宅勤務ではなく通勤した際には、出勤ボーナスがある代理店も多いです。
出勤するだけでボーナスが付くためかなり手軽で、チャットの技術や経験が未熟な人でもゲットできちゃいます。

チャットレディ代理店なら報酬アップのノウハウがいっぱい!

どんな働き方でも、チャットレディなら高い報酬金額が期待できます。
ただし、いくつかポイントを押さえておく必要があるので、上手く実践できずに報酬が伸び悩んでしまうという女性も全くいないとは言い切れません。

そんな時、チャットレディAlice(アリス)小倉なら、報酬制度がしっかりしていて、報酬アップのための実践しやすいノウハウも充実しています。
また、たくさん稼ぐと確定申告に不安を感じるという方でも、アリスなら問題ありません。
顧問税理士がいる店舗なので、専門家に税金についての相談が可能です。

コメント
安心して高収入が目指したいなら、ぜひアリスに応募してみてはいかがでしょうか。
おすすめの記事