経費が重要!チャットレディの収入を扶養内に抑えたい人必見

チャットレディは扶養内で働けるから主婦にもおすすめ

主婦がアルバイトやパートをするとなると問題になる扶養問題。扶養に入ったほうが配偶者控除を受けられ、家庭単位で支払う所得税などの税金や社会保険料を抑えることができます。

チャットレディをする主婦の中には、「扶養の範囲内で抑えて働きたい」という人も多いです。この仕事は自由に出勤できる仕事なので、扶養の範囲内に抑えて働くことも十分可能です。

この記事では、チャットレディと扶養の関係について紹介していきたいと思います。

目次
  1. チャットレディと扶養内のお話
  2. チャットレディが扶養内の範囲で納めるための確定申告の方法
  3. チャットレディは稼げる仕事だから扶養内にこだわる必要はない
  4. チャットレディの代理店に登録して扶養内について学ぼう

チャットレディと扶養内のお話

扶養についての話というのは複雑で、「扶養の範囲内ってどれくらいの所得なの?」「そもそも扶養についていまいち理解できていない」という人も多いと思います。

扶養に入って節税などの恩恵を受けたいのなら、まずは扶養について理解する必要があります。ここでは、そんな扶養について詳しく解説していくので、是非参考にしてみて下さい。

扶養ってなに?

親族から経済的援助を受けることを扶養と言います。妻が夫の扶養に入ることで控除額が増えるので、納める所得税や住民税の額を抑えることが可能です

扶養には税法上の扶養と、社会保険での扶養という2つがあります。

税法上の扶養は納める税金を抑えられるというもので、社会保険での扶養は保険料を支払わなくても保険に加入できるというものです。

扶養に入るためには要件がある

扶養に入るためにはいくつかの要件があり、その中には年間の収入金額の要件もあります。税額を抑えるための配偶者控除を受ける場合は決められた金額までに抑えなければなりません。

旦那の扶養に入ってパートやアルバイトをする主婦は、この決められた金額を超えないような働き方をする人が多く、出勤日などを調整している人もいます。

チャットレディが扶養内の範囲で納めるための確定申告の方法

旦那の扶養に入り続けたいチャットレディは、収入を抑える必要があります。そこで重要になるのが確定申告です。

ここでは、扶養に入り続けるための確定申告の方法を解説していきたいと思います。

チャットレディは個人事業主として働く

チャットレディをするのなら個人事業主として働くことになります。毎年決められた期間に確定申告書を作成し、そこから所得税や住民税を納めていきます。

一定金額以上を稼いだのなら確定申告は必ずしなければなりません。毎年確定申告の時期になると悩むチャットレディは非常に多いです。これまでしたことがない人にとっては、「事業所得ってなに?」「給与所得控除がなにかわからない」と悩む人もいます。

扶養に入り続けるためには確定申告は絶対必要になるものです。わからないことがあるのなら、登録している代理店や税理士事務所に相談するようにしましょう。

経費を計上しよう

扶養に入れるかどうかは、収入額が影響するものです。この収入額を抑えるためには、仕事をセーブする以外に、経費を計上するという方法もあります。

扶養に入れるかどうかは、チャットレディで稼いだ全ての額で判断されるのではなく、稼いだ額から必要経費を引いた額で判断されます。仮に、200万円稼いだとしても経費が190万円かかったのなら、そのまま扶養に入り続けることができるのです。

なんでも経費にできるわけではない

稼ぎながら扶養に入るためには経費が重要です。そのため、なんでもかんでも経費に計上して所得金額を抑えるような人もいます。

しかし、どんな出費でも経費にできるわけではありません。その仕事をする上で必要なものを購入した場合のみ経費にすることができるのです。

チャットレディの中には、仕事に全く関係ないブランド物のバッグなどを買って経費にするような人もいますが、これは認められないので絶対にやめるようにしましょう。「経費にできるのは仕事に必要なものだけ」ということをきちんと守って下さい。

チャットレディの必要経費はこちら

では、チャットレディはどのような出費が経費になるのでしょうか。仕事に必要なものと言われても、なかなかその判断に困るものもあります。

  • 在宅チャットレディの通信費や光熱費
  • 通勤チャットレディの交通費
  • 仕事で使うために購入したパソコンやスマホ代
  • 綺麗に見せるための化粧品
  • 身バレ対策のためのウィッグ
  • 仕事中に着用するコスプレ衣装

これらの出費はチャットレディの経費になる出費だと考えられています。特に、パソコンやスマホ代は高額になりがちなので、もしこれらのものを購入した場合は経費として計上するのを忘れないようにしましょう。

経費にするには領収書の保管が必要になる

経費として計上するためには、そのものを購入した証拠が必要になります。証拠不要で経費にできるとなると、実際に買ってないものを経費にするような人が続出するでしょう。

そのために領収書やレシートが必要になります。この領収書やレシートは、一定期間保管しなければならないので、忘れずに保管するようにしましょう。

経費にできるか悩んだときは税理士に相談する

チャットレディの経費の部分というのは、非常に曖昧でもあります。中には、「これって経費にできるのかな」と感じるような出費もあるでしょう。もし、経費にできないものを経費にしていた場合は、税務署から追徴課税を受けることもあります。

経費にできるかどうか悩んだ場合は、そのままにしないで税理士に相談するようにしましょう。「これって経費にできますか?」と質問すれば、ほんの数分で回答してもらえます。「曖昧だけど経費にする」というのは大変危険なことなので、税のプロである税理士に相談するのがおすすめです。

他にも納める税額を抑えられる方法はたくさんある

経費を計上するというのは、納める税額を抑えられるものです。この税額を抑えるための方法は他にもあり、基礎控除や青色申告者が可能になる青色申告特別控除など、いくつかの控除が用意されています。

これらの控除を受けることで納める税額を抑えられるので、「無駄な税金は払いたくない」という人は是非受けてみて下さい。

チャットレディは稼げる仕事だから扶養内にこだわる必要はない

この記事では、扶養についての説明と、扶養に入り続けるための方法などを解説していきました。扶養に入ることでいくつかの恩恵を受けられますが、稼げる環境にいるのに扶養に入るためにその稼ぎを抑えるというのは、もったいないことでもあります。

チャットレディは高収入を稼げる仕事です。簡単に扶養に入れる収入を上回ってしまうでしょう。多くの報酬を稼げる仕事だからこそ、扶養にとらわれずに働くことも大事になってきます。

チャットレディは普通に働くだけで月に30万円以上は楽に稼げる仕事です。人気のあるチャットレディならさらに稼ぎを増やせるでしょう。それでも扶養に入るために稼ぎを100万円ちょっとに抑えるというのは、高収入を得られる仕事をしているメリットが失われてしまいます。

100万円ちょっとの稼ぎに抑えるのなら、それなりにリスクのあるチャットレディをするのではなく、スーパーのパートなどをしたほうが安全に働けます。

確かに扶養に入るのはいくつかのメリットがあるものです。しかし、扶養に入るかどうかは、税や社会保障で恩恵を受けられる額と、自分が稼げる限界の収入を照らし合わせて考えるべきだと言えます。

チャットレディの代理店に登録して扶養内について学ぼう

扶養についてさらに詳しい説明を受けたいのなら、チャットレディAlice小倉という代理店に登録することをおすすめします。こちらの代理店では、扶養に入り続けたいチャットレディに向けたアドバイスなどを積極的に行っています。

また、税理士に相談できる環境を用意してくれているので、この記事で紹介した確定申告の詳しい方法なども学べるでしょう。「白色申告と青色申告の違い」「雑所得とはなにか?」という疑問もすぐに解決できます。

チャットレディAlice小倉には、本業で会社勤めをしている人や学生も多く登録しています。副業チャットレディや学生チャットレディは働く時間が限られてはいますが、こちらの代理店では多くのボーナスを用意しているので、少ない時間でも満足する稼ぎを得ることは可能です。

チャットレディAlice小倉は、扶養の範囲内で抑えたい人、扶養を気にせずにガッツリ稼ぎたい人、どちらにもおすすめの代理店だと言えます。

おすすめの記事