チャットレディの面接を受けるときの注意点や仕事で必要な物をについてご紹介!

チャットレディとして働きたいなら面接のポイントやお仕事に必要な持ち物を知っておこう

チャットレディは、給料が良くて高収入が期待できるお仕事として知られています。
今よりも高収入を得たいと思っていて、人とのやり取りが苦にならないならチャットレディデビューを前向きに考える人もいます。
しかし、チャットレディは一般的なお仕事とは違うと思っている人が多く、面接の際に押さえておきたいポイントや仕事に必要な持ち物がわからないという人も多いです。
そこで当記事では、チャットレディの面接の流れ、面接で聞かれること、体験入店に流れ、チャットレディデビューをする際に用意すべきものに関する情報をまとめてご紹介します。
チャットレディに興味がある人はぜひ目を通して見てください。

目次
  1. チャットレディの面接はどのような流れで行われる?!
  2. 面接ではどんなことを聞かれるの?
  3. 体験入店をしてから決める方法も
  4. チャットレディデビューする際に用意すべきもの
  5. 小倉でチャットレディデビューしたいならAlice!

チャットレディの面接はどのような流れで行われる?

一般的な会社とチャットレディでは面接の流れが違うのではないかと不安に感じる人もいます。
はじめに、チャットレディの面接がどのような流れで行われるのかみていきましょう。

事務所に応募する

チャットレディとして働きたいと思い、気になる求人を見つけたら、まずは事務所に応募します。
応募は、事務所や店舗の公式ホームページにある採用情報ページからできるケースが多いです。
応募するとその日のうちもしくは翌日など早いタイミングで採用担当スタッフから連絡がきます。

採用担当スタッフから連絡が来る

採用担当スタッフから連絡が来たら、面接の日程を調整します。
応募者の都合に合わせて面接の日程や時間を決められる場合がほとんどです。
そのため、無理な時間ではなくある程度ゆとりを持てる時間帯に面接を受けるようにしましょう。

面接を受ける

面接は、事務所の近くにある喫茶店などで行われるケースが多くなっています。
ストーカー対策などの観点から事務所で面接を行わないようにしている所が多く見られるのです。
事務所の場所が広く知られてしまうと、そこで働いている女性がストーカー被害にあうリスクが高まるため、働く女性を守る体制が整っている所ほど事務所以外の場所で面接をする傾向が強いと思っておきましょう。

面接ではどんなことを聞かれるの?

チャットレディの面接でどのようなことを聞かれるのか気になる人もいるでしょう。
続いては、チャットレディの面接で聞かれることが多い内容についてご紹介します。

多くの場合、お金を稼ぎたいと思っている理由は何か、どのくらい出勤できるのか(在宅の場合はログインできるのか)、都合の悪い時間帯はあるか、連絡するならどの時間帯が良いか、お仕事の内容に問題はないか(ノンアダルトもしくはアダルトのカテゴリーについて)などを聞かれます。
面接は堅苦しいものをイメージするかもしれませんが、チャットレディの場合はどちらかというと認識をすり合わせたり、お仕事に関する確認事項を共有したりするために行われる傾向が強いです。
チャットレディというお仕事は少し特殊なので、お仕事に対する理解があるかなどを確認するのが大きな目的になっています。
そのため、面接だからと言ってあまり緊張しすぎないようにしましょう。

体験入店をしてから決める方法も

チャットレディのお仕事に興味あるけれど、ちょっと不安だと感じる女性もいるものです。
どのような仕事かイメージがわかないという人もいるでしょう。
そのような時は、体験入店してから決めるのがおすすめです。
では、体験入店の流れや持ち物についてみていきましょう。

体験入店の流れ

体験入店の流れは基本的に以下の通りです。

・ネットや電話で申し込みをする
体験入店したいと思うサイトのお問い合わせフォームもしくは電話番号へ連絡し、体験入店したい旨を伝えます。
お問い合わせフォームから連絡した場合は、24時間以内に変身が来るケースがほとんどです。
連絡が来たら体験入店の面接日程を決めます。
電話の場合は、その場で体験入店の日程などを決められます。
電話の方がスタッフの様子を把握しやすいので、可能なら電話連絡してみましょう。
・面接を受ける
体験入店でも面接はあります。
チャットレディとしてお仕事をする際に知っておきたいルールの共有や報酬などに関する説明などが行われるため、堅苦しい面接ではありません。
疑問や不安はこの時に解消できるように聞いておきましょう。
・細かい部分を決めていく
体験入店が決まったら、ノンアダルトとアダルトのどちらにするか、ハンドルネームはどうするかなどを決めていきます。
ライブチャットサイトによってはノンアダルトのみの所もありますし、アダルトのみの所もあるので前もって確認しておくと安心して体験入店できます。
ハンドルネームは身バレ防止のために本名とは違う感じにするのがおすすめです。
・プロフィールを設定する
自分のプロフィール写真を撮影したり、自己紹介文を考えたりします。
男性会員から魅力的だと思ってもらえるような写真や自己紹介文になるように意識するのがポイントです。
・準備ができたらお仕事スタート
サイトのシステムをスタッフから教えてもらったら、お仕事がスタートです。
体験入店では新人マークが写真の横などにつくので、男性会員から選んでもらえる可能性が高まります。
新人だとわかるので、多少話がうまくできなくても問題はありません。
体験入店をしてみて、実際にチャットレディとしてお仕事をしたいという思いが強くなったら、本登録したいことをスタッフに伝えましょう。

体験入店の持ち物

体験入店で必要な持ち物は、顔写真付きの身分証明証や印鑑です。
顔写真付きの身分証明証は、運転免許証やパスポートが有効です。
チャットレディとして働くには、18歳以上でなければならないので年齢確認のために身分証明証は必要になります。
ライブチャットサイトによっては、保険証や住民票でも問題ないケースもあります。
サイトやお店によって必要な書類が異なるので、あらかじめ確認しておくか、顔写真付きの身分証明証もあわせて用意しておくようにしましょう。
印鑑は、報酬を受け取る際に必要です。

チャットレディデビューする際に用意すべきもの

チャットレディデビューする際、体験入店とは違う持ち物が必要になる場合があります。
最後に、どのような持ち物や資格が必要になるのかみていきましょう。

持ち物

チャットレディデビューする際に必要な持ち物は、特別に用意せずに済むケースが多いです。
店舗や事務所に通勤するならチャットルームに必要な備品が揃っていますし、在宅ならスマホやパソコンがあれば基本的にお仕事が可能です。
働き始めて稼げるようになってからより良い機材を揃えていく人もいます。

在宅でチャットレディのお仕事をしたいと思っているけど機材がないという人もいるでしょう。
そのような場合は、ノートパソコンやカメラ、マイク、照明、Wi-Fi環境は用意する必要があります。
スマホでもお仕事はできますが、操作性や仕事の効率化、会計処理などトータルで見てみるとパソコンの方がおすすめです。
パソコンを買うなら5万円以下のもの、カメラ・マイク・照明は5,000円ほどのもので十分です。
仕事に使うために買ったなら、確定申告で経費計上できます。

チャットレディとしてお仕事をスタートして顔出しをするなら、化粧ポーチも必要です。
顔出しをすると身バレのリスクが高まるので、普段とはちょっと違う化粧を意識しなければなりません。
そのため、普段使い用とお仕事用の化粧ポーチをわけている人もいます。
チャットレディのお仕事を始めてからブランドコスメやデパコスを使うようになったという人もいるので、化粧品にこだわっている人も多いと言えます。
本業だけだとブランドコスメやデパコスを買いそろえるのが難しいと感じる女性も多いです。
夢をかなえるためにチャットレディとしてお仕事をスタートし、より女磨きをしている人も多く見られます。

資格

チャットレディとして仕事をする場合、特に資格は必要ありません。
体験入店と同じく、18歳以上であることを証明する書類だけ用意すれば大丈夫です。
18歳以上であることを証明する書類には、運転免許証や保険証、マイナンバーカード、顔写真付きの学生証、住民基本台帳カード、パスポート、特別永住者証明書などがあります。
この中から1つ、有効期限が切れていないものを用意してください。

小倉でチャットレディデビューしたいならAlice!

小倉でチャットレディとしてお仕事を始めたいと思っている人はいませんか?
数あるライブチャットサイトや事務所の中で、どこを選んだらいいか迷っている人もいるのではないかと考えられます。
そのような女性におすすめなのが、小倉のチャットレディAliceです。

小倉のチャットレディAliceでは、高額ボーナス制度や社内教育制度、サポート体制などが充実していて、税金対策も行っています。
安心して働ける環境が整っているので、チャットレディ未経験の女性でも気軽にご相談ください。
持ち物などに関する悩みに対するアドバイスも先輩スタッフなどがしてくれます。

おすすめの記事