チャットレディを本業にできる?

チャットレディを本業にできる?

チャットレディは、副業として始める女性が多い仕事です。
人気が高まるとともに収入を増やすことができるため、チャットレディを本業にしても良いのではないかと思う人もいるでしょう。
確かに、人気が出るとOLとして働いているよりも多くの収入を得ることができ、これまでの人生の中で最高月収を得られるケースもあります。
そんなチャットレディですが、本業にしている人はごくわずかです。
今回は、チャットレディを副業としている人が多い理由や本業にする際に持っておきたい覚悟、チャットレディを本業にするメリットはないのか、といったことについて見ていきましょう。
小倉でチャットレディという仕事に興味がある人は、ぜひ目を通してみてください。

目次
  1. 副業として働く人が多いのはなぜ?
  2. 本業にする人が少ない理由は他にもある?
  3. 本業にするならそれなりの覚悟を持つべき

副業として働く人が多いのはなぜ?

チャットレディとして働いている人の多くは、本業を持っている人や学生、専業主婦です。
週末や夜などの空き時間を使って働いている人が多いということになります。
チャットレディの時給は、ノンアダルトだと3,600円~3,900円アダルトだと6,000円~9,000円が一般的です。
副業をするにしても、アルバイトをするにしても、これほどの高い時給を設定している仕事はほとんどありません。
そのため、本業を持っている人や学生、専業主婦が始めたいと思うのでしょう。
しかし、それ以外にも副業にする理由はあります。
その理由について具体的にご紹介します。

収入が安定しない

チャットレディの時給は、他の仕事と比べるとかなり高くなっています。
そのため、本業にした方がより稼げるのではないかと思う人もいるでしょう。
しかし、時給が高い=確実に稼げるというわけではありません。
なぜかというと、チャットレディはチャットをしている時間分しか収入を得られないためです。
例えば、1日の出勤時間が4時間だったとしてもチャットをしているのが1時間であれば、その分給料しか支払われません。
ノンアダルトで時給3,600円という契約をしていた場合、4時間で3,600円しかもらえないということになります。
もちろん顧客がついてくれる日もあるので、収入の上下が激しい仕事なのです。
月単位で見てみても、最低月収の時と最高月収の時の差がかなり大きくなると考えられます。

これは、ノンアダルトだけではなくアダルトにも同じことが言えます。
アダルトはノンアダルトと比べると時給が高く設定されていますが、顧客がつかなければ収入を得ることはできません。
つまり、アダルトだから稼げるとは言い切れないのです。

新人へ流れてしまう

チャットレディとして安定した収入を得るためには、顧客の心をつかむ必要があります。
常連になってくれる人が現れれば、ある程度安定した収入を期待することもできるでしょう。
しかし、新人が入ってくるとそちらに流れてしまうケースが非常に多いのです。
新人が入ると多くの男性は、「いつもとは違う人と話してみるのも良いかもしれない」と思うものです。
自分ならではの魅力を持っていたとしても、新人という肩書に勝てる人は少ないのが現状だと言えます。
そして、そこで生まれた差を埋めるのはとても難しいです。
継続して安定した集客ができるとは限らないことを踏まえて考えてみると、副業にする人が多いのは納得できるでしょう。

本業にする人が少ない理由は他にもある?

確定申告

チャットレディを本業にしていない女性が多い背景には、様々な理由があります。
収入が不安定なことはもちろん理由になりますが、その他にもいくつかの理由があるのです。
どのような理由があるのか、いくつかピックアップしてご紹介しましょう。

確定申告をしなければいけない

チャットレディは、サイトや事務所に登録していますが、従業員でありません。
つまり、自営業ということになります。
自営業として働いている場合、自分で確定申告をして所得税を支払わなければいけません。
確定申告では、青色申告か白色申告を選び、事業所得(雑所得)を申告する必要があります。
確定申告では、課税所得金額や所得額、所得税額などを計算しなければいけないため、面倒だと感じる人が多いです。
副業として働いている場合は、本業の年末調整で合わせて申告することも可能です。
そのため、副業として働いた方が簡単だと言えます。
しかし、本業の勤務先に副業をしているとバレたくない場合は、自分自身で確定申告をしなければいけないので要注意です。
確定申告をすることで様々な控除を得られますが、確定申告自体が面倒だと感じる人は少なくありません。

社会保険や税金を自分で支払わなければいけない

会社に勤めずに個人事業主としてチャットレディで生計を立てる場合、社会保険への加入はできません。
済んでいる市町村から国民健康保険証を発行してもらい、保険料を支払わなければいけないのです。
保険料だけではなく、住民税などの税金も自分でやらなければいけません。
会社に勤務していた時には全く関与しなかったことなので、面倒だと感じる人も多いでしょう。

家族や友人に仕事の話をしにくい

チャットレディという仕事には、あまり良いイメージを持たない人も多いです。
そのため、家族や友人に仕事の話をしにくくなってしまいます。
仕事で嫌なことがあっても仕事内容をあまり理解できない人に話しても、共感してもらいにくいです。
本業にしてしまうとストレスも溜まりますし、誰かに話を聞いてもらいたいと思うこともあるでしょう。
しかし、周りからの理解が得られにくいチャットレディでは、余計ストレスが溜まってしまう可能性もあります。
そのため、本業ではなく週末などにちょっとだけ働く副業というスタイルが良いと感じる人が多いとも考えられます。

チャットレディを本業にしない人が多い背景には、このような理由もあります。
確定申告や社会保険の支払いなどを面倒だと感じず、家族や友人の理解も得られるのであれば、チャットレディは魅力的な仕事になるでしょう。
そのため、人によってはチャットレディを本業にしても問題ないと感じるはずです。

本業にするならそれなりの覚悟を持つべき

本業にしたとしても安定した収入を得られなかったり、新人が入ってくると顧客が減ってしまったりといったデメリットがあります。
しかしそれでも、チャットレディを本業にしたいと考える女性はいるでしょう。
チャットレディを本業にするのであれば、それなりの覚悟が必要です。
最後に、その覚悟について見ていきましょう。

ノンアダルトだけではなくアダルトチャットも視野に入れる

小倉でチャットレディをしてお金を稼ぎたいけれど、アダルトチャットには抵抗があるという人も少なくありません。
ノンアダルトでももちろん大きな収入を期待できますが、それだけでは思っていたような収入を得られない可能性も高いです。
特にチャットレディを本業としたい人であれば、ある程度安定した収入を得るためにアダルトチャットも視野に入れる必要があるでしょう。
アダルトはノンアダルトよりも稼げるため、最高月収をたたき出すことができたらできるだけ貯金に回すなどの工夫をすることもおすすめです。
そうすることで、安定した収入を継続的に得るのが難しいチャットレディとして長く活躍できる可能性が高まります。

徹底的な自己管理をする

チャットレディとして働くのであれば、自己管理を徹底する必要があります。
チャットをした分しか収入を得られないため、体調を崩すと収入は大幅に減ってしまうのです。
また、体調不良でも無理して働くと、元気の無さから敬遠されてしまう可能性もあるでしょう。
チャットレディとして収入を得るならば、男性から「〇〇さんと話したいな」と思ってもらう必要があります。
顧客の期待に応えるためにも、徹底した自己管理を意識してみてください。

複数の事務所やサイトに登録する

チャットレディを本業にして、自立した生活を送りたい場合は安定した収入が必要になります。
安定した収入を得るためには、魅力的な女性だと思ってもらうための努力も必要になりますが、収入源を分散させることも大切なポイントになるのです。
自営業をしている人が売り上げ先を分散させて収入が激減するリスクを回避しているケースが多いですが、チャットレディにも同じことが言えます。
どうすれば良いのかというと、登録するサイトや事務所を複数にするのです。
掛け持ちをすることで、1つのサイトや事務所で得られる収入が少なくなったとしても、他で補えます。
しかし、中には兼業を禁止している場所もあります。
そのような場合は、どのくらいの収入が期待できるのかを事前に確認しておくと良いでしょう。
収入保障制度を導入しているサイトや事務所であれば、兼業ができなくても問題ありません。

チャットレディは、自分のやる気次第では本業にして自立した生活を送れます。
しかし、楽に稼げる仕事ではないことを覚えておく必要があります。
それでも、努力をすればそれが結果に結びつくため、やりがいを感じられる仕事です。
やりがいに関しては、本業だけではなく副業としてチャットレディをした場合にも感じられるでしょう。
チャットレディという仕事に本気で取り組みたいのであれば、小倉のチャットレレディ アリスでの勤務がおすすめです。
完全日払いで3万円以上稼ぐ人もいるため、小倉で効率よく稼ぎたい人はぜひ体験入店だけでもしてみてはいかがでしょう。

おすすめの記事