私がチャットレディのお仕事を始めて良かったことと嫌だったことをお話していきたいと思います。まずここまでチャットレディのお仕事が続くとは思ってもいませんでした。私が続けてこれたのは少なくとも良かったことがいくつかあったからだと思います。

まず一つ目は、誰もがあげると思いますが金銭面的に余裕が出来たことです。本業のお給料はあくまで一人暮らしをしているので生活費と貯金に消えていきます。そうなると自分の欲しい物は買うことはできないし、旅行なども行けません。若いうちに色んな所に行って欲しいものは買いたいと思う気持ちを我慢せずに手に入れることが出来るのがチャットレディのお仕事をやっていて良かったことです。気軽に買えるようになるとこれを買おうという目標が出来て手に入れるために頑張れるので私はこれからも頑張ろうと思います。

二つ目は、人生経験が豊富な男性会員様とお話を聞くということは自分にとってプラスでしかないと思いました。自分の人生を決めて歩んでる中で悩みがたくさんできてしまったときにいつも来て下さる常連さんがお話を聞いてくれてアドバイスを下さったときは気持ちが楽になりました。中々、同年代の友達と話してもスッキリしないようなことがチャットを通して前抜きな気持ちになることが出来ました。また、プロフィールに自分自身の本業を書いていると同業者、関連職業の方がたくさん声をかけて下さりあるある話が出来たり、仕事の悩み、愚痴など様々な気持ちが共感し合えるためコミュニケーション能力がつき、聞き上手になれるなと思いました。

三つ目は、会員様に常に見られている職業なので美意識が高くなったと思います。お化粧一つでも鏡でこまめにチェックして乱れていないか見るようになったし、友達や自分の彼氏にも最近さらに可愛くなったねと言われるようになって素直に嬉しかったです。
次にチャットレディのお仕事を始めて嫌だったことについてお話していきたいと思います。いいことがある反面嫌のことも多少なりとはついてくるものです。嫌なことが少なくなるように自分自身が改善していくと嫌なことがいいことに変わっていくと思いながら頑張っています。

まず一つ目は、待機時間が長かった時に体力的にも精神的にも疲れた時です。ログイン時間や常連さんが自分のログインするときに来て下さるのか、女の子の数などタイミング次第なので逃してしまうと気持ち的に余裕がなくなってしまいます。待機が長くなってもあまり時間を見らずにしていますが、会員様が来て下さらないと報酬が発生しないので待機中にメールを送ったり、たまには違う動きをしてみたりと工夫しています。
二つ目は、日によってその日の報酬にばらつきがあることです。会員様にも事情があるので仕方ないことですが常連さんが来れない時は新規の常連さんを作るために写真を変えてみたりサムネをこまめに変更してみたりして努力しています。

おすすめの記事